僕の小さな水族館
診療日誌 ~日頃の症例など~
いぬの保育園
わんわんスパ ひとっしーの湯
スタッフ募集
獣医師の方へ 紹介方法
最近では、伊勢市内だけではなく四日市、津、松坂、鳥羽、志摩、尾鷲、熊野などからも診療はもちろん、セカンドオピニオンとして動物の眼科や皮膚科を受診してくださる飼い主様が増えております。その時に今までの治療内容や使用していたお薬がわかると診療がスムースになります。
 もし可能でしたらば、それまでの治療・薬などわかるものをご持参いただくか、かかりつけの先生からご紹介いただけますよう、宜しくお願いいたします。

診療カレンダー

  • ピンク色休診日です(臨時休診含む)
  • 午後の診療がお休です。
  • の日午前の診療がお休みです。

臨時休診・診療時間の変更・検診のご案内

お知らせ

~~10月のお知らせと診察予約システムのご案内~~

今月も特別な臨時休診は無くカレンダー通りの診療になります。
ようやくホームページに診察予約コーナーを作りました。 (このまま下にスクロールした緑色の部分をクリックです)
引き続き当院ではコロナに油断せずに毎日を過ごしてまいりたいと思っておりますので是非ともご利用のほどお願いいたします。

さて、ようやく暑い夏も終わりましたが、この夜の急な寒さでカゼや膀胱炎、胃腸の不調を抱える子もチラホラ出ております。季節の変わり目は高齢の子たちも体調を崩しやすいので普段と違う時はどうぞお越しください。

最後になりますが、私事ですが先日ZTVさんの撮影に協力させていただきました(^▽^;)
テーマは「ペットとコロナウイルスについて」です。
ご興味のある方は、10月1日~10日の9:00~、14:45~、21:00~放送の「おしえて先生」内で放送致します。 緊張している僕の顔を見て笑ってやってください!(^o^)丿


引き続き当院では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、飼い主様と当院のスタッフの安全を第一に考え、今後もしばらくは現在の診療体制で参ります。基本的には入口を開けたままにしていますが、それでも待合室の混雑を避けるためにお車でお待ちいただく事が増える可能性もあります。どうか皆様のご理解・ご協力のほど引き続きお願いいたします。

当院のコロナ対策ページはコチラ
1日も早い事態の収束を祈るばかりです。


月の臨時休診日のお知らせ
ありません。

●診療時間変更のお知らせ
ありません。


*臨時休診日でもスタッフは常駐しております。ゴハンやお薬などの方はスタッフはおりますのでインターホンを押してください。また当院へかかっている方で、急な体調変化の時にはまずはお電話でご相談ください。


                    こんどう動物病院

こんどう動物病院の診療案内

皮膚科高度医療
眼科高度医療
いぬの保育園
わんわんスパ ひとっしーの湯
仔犬・子猫を迎えたら
犬育て
猫 フレンドリー病院 ゴールド認定
わんにゃんどっぐ

診療時間のご案内

診療時間
9:00 ~ 12:00




16:00 ~ 19:00






受付は診察終了30分前までにお願いいたします。

学会や、所属研究会の予定により、休診となる場合もあります。
 あらかじめ、御了承下さい。

時間外診療に関しましては出来る限り対応したいと考えておりますが、獣医師不在や学会・セミナー等により、対応できない場合があります。また、時間外診療は、通常の診察料金以外にも「 時間外診療料金」が発生いたします。予めご了承ください。      

新着情報

病院理念

病院理念

こんどう動物病院は、飼い主様に『この病院に来て良かった♪』と心から思っていただける病院でありたいと考えます。

その為にも、日々進歩する獣医学(科学的根拠に基づく診断法や治療法)を学び、小さな家族の健康とご家族の幸せを守るため、安心と信頼の動物医療を目指してまいります。

病気の動物を前にして悩んでいる飼い主様の立場になって治療の方針を立て、自分の家族同様に誠意を持って接することにより、いかなるときにも、その動物と飼い主様にとって満足のしていただける治療を提供していきたいと考えます。そのためにも、飼い主様に病気の事を十分にご理解いただけるようなインフォームドコンセントを重要視しておりますので、診察時間が長くなり、待ち時間が長くなることもあるかと思いますが、どうか、ご理解とご協力をお願いいたします。

また、この地域の動物の生活環境を良くする事で、余計な病気が減少することを信念とし、地域における犬猫飼育の啓蒙活動の中心となり、多くの情報を発信する病院でありたいとも考えております。

当院では、自分で話すことの出来ないワンちゃん猫ちゃんのために1件1件、丁寧な診察を心がけております。

また、そのワンちゃん、ネコちゃんの事を一番理解されている飼い主様とのお話(インフォームドコンセント)が大事であると考えております。
そのため、1件ごとの診察時間が長くなり、お待ちの患者様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

獣医師 近藤 仁