僕の小さな水族館
診療日誌 ~日頃の症例など~
いぬの保育園
わんわんスパ ひとっしーの湯
スタッフ募集
獣医師の方へ 紹介方法
最近では、伊勢市内だけではなく四日市、津、松坂、鳥羽、志摩、尾鷲、熊野などからも診療はもちろん、セカンドオピニオンとして動物の眼科や皮膚科を受診してくださる飼い主様が増えております。その時に今までの治療内容や使用していたお薬がわかると診療がスムースになります。
 もし可能でしたらば、それまでの治療・薬などわかるものをご持参いただくか、かかりつけの先生からご紹介いただけますよう、宜しくお願いいたします。

診療カレンダー

  • ピンク色休診日です(臨時休診含む)
  • 午後の診療がお休です。
  • の日午前の診療がお休みです。

Cat Friendly Clinic ゴールド認定 猫 フレンドリー病院 

猫にやさしい動物病院 を目指して デリケートな猫ちゃんが安心してご来院いただける動物病院となれるよう スタッフ一同取り組みを行っております

猫ちゃんはワンちゃんに比べると、ストレスが体に表れやすく、普段と異なる音や、におい、場所、他の動物にとても敏感です。

そんな猫ちゃんたちの診察においてなるべくストレスを与えない病院を目指した設計と診療を行って来ました。
当院はその活動が認められた、キャットフレンドリー病院だニャン(=^・^=)

キャット・フレンドリー・クリニックGOLD認定

『キャット・フレンドリー・クリニック)』とは、isfm(国際猫医学会)によって確立された国際基準の規格で、猫ちゃんに優しい動物病院のことです。

認定には、ブロンズ・シルバー・ゴールドの3つのレベルがあり、
こんどう動物病院は三重県南東部初の最高レベルである 『ゴールドレベルの認定』 を受けています。

猫ちゃんに関する専門性の高い知識と、質の高い猫医療を提供し、猫ちゃんと飼い主様の不安をできる限り取り除く事を目指しています。

キャットフレンドリーの基準

細かい基準は多数ありますが、大きく以下3点がポイントです。

  1. 獣医療チーム全体が猫の立場を尊重し、真摯に猫ちゃんと飼い主様に接していること
  2. 病院スタッフが猫ちゃんの内科学や外科学だけでなく、獣医療に関するあらゆる側面から進歩に対応するため、継続して専門的能力の向上に努めていること
  3. 病院の設計およびレイアウトが猫ちゃんにとって適切であり、尚且つ可能な限り最善の治療を施せるように適切な検査機器や施設、および器具類を備えていること

当院の取り組み

猫ちゃん優先待合室

病院に入って右手が猫ちゃん優先待合室です。

フェリウェイスプレーがたっぷり染み込んだブランケットをご用意していますので、ケージの目隠しにお使いください。

猫ちゃんのストレスを軽減することができます。

写真:猫ちゃん優先待合室
写真:猫ちゃん優先待合室


写真:フェリウェイ

猫ちゃん優先診察室

猫ちゃん優先の診察室をご用意しています。
デリケートな猫ちゃんに、リラックスしてもらえるように、診察室にフェリウェイ(リラックス効果あり)が配置されています。

【フェリウェイとは?】

フェリウェイは、世界中で広く愛用されている、猫ちゃんのフェイシャルフェロモンF3類縁化合物を含む製品です。

フェイシャルフェロモンF3は猫ちゃんの頬から分泌され、猫ちゃんが生活環境内にある物、人、他の動物などに慣れ親しんでいることを示すためにこすりつけるものです。

フェリウェイは猫ちゃんの健康的な生活と福祉に大きく貢献した製品に贈られる賞である、「キャットフレンドリーアウォード」を受賞しました。 


キャットフレンドリースタッフ

当院には猫好きスタッフが多くいます。

自宅でも猫を飼っているため、猫ちゃんの扱いはお手の物です!

猫ちゃんの緊張をほぐせるように、診察を行っていきます。

写真:動物看護師 田中さん & 愛猫 めんま君 

 動物看護師 田中さん お年寄りの子に安全な点滴のための保定中 

写真:動物看護師 鈴木さん & 愛猫 なめこ君 

 動物看護師 鈴木さん 入院中の子の点滴交換中 

ひとし先生の家の猫たち

2019年9月22日に「あすまいる」(三重県動物愛護推進センター)より、『アスワン』『ブレッド』2頭の保護猫を家族として迎えました。

彼らの成長日記を不定期に綴っていきます。

詳しく見る